【編集雑感】コラムやエッセイと呼べる程の内容ではなく、取材や編集の他、日々の生活の中で感じたことを、写真付きで綴った編集者の雑文・雑感です。ご意見はinfo@press-isesaki.comへ
【写真】伊勢崎市野球場(左)と近くに設置された鈴木惣太郎記念像

10月から始まる伊勢崎市の11施設ネーミングライツ
「鈴木惣太郎記念球場」の愛称に想う(2022年6月27日)

 文化施設やスポーツ・公園施設などの名前に企業名や社名ブランドをつけるネーミングライツ。自治体の施設維持負担を軽減し、企業のイメージアップを促すメリットがあり、多くの自治体で実施されている。準備を進めていた伊勢崎市も6月末には11施設の応募を締め切り、10月に契約開始となる。昨年1月に就任した臂市長は「公共施設に一民間企業名を冠することには抵抗があったのでは」と、後手に回っていた背景に触れていた。

 市の契約希望額は、華蔵寺公園遊園地と市文化会館が年額300万円以上。市庭球場と市あずまスタジアムは同50万円以上で、他は100~200万円以上に設定している。市民としては、どんな企業がどんな愛称で応募してくるのか。応募金額も含めて興味は尽きない。期待が上回り、市施設名に愛称が加わることに、それほど抵抗はないように見える。ただ慣れ親しんだ「華蔵寺公園」の対外イメージは薄まる。一抹の寂しさを覚える市民も少なくないだろう。

 もう一つ気になるのが、伊勢崎市出身で日本プロ野球創世の功労者、日本野球連盟の副会長を務めた「鈴木惣太郎記念球場」の愛称を持つ市野球場(市契約希望額100万円以上)だ。募集要項では新愛称と並行してその使用継続を条件にしている。球場玄関前の看板表示から、放送での愛称の呼称、ポスター・パンフレットの表記など、細部は契約企業と詰めることになる。両方で印象が散漫になることを懸念する。

 ここから先は妄想である。市の意向を忖度した応募企業が、自社をアピールする新愛称を放棄し、「鈴木惣太郎記念球場」の愛称を掲げる”太っ腹”企業が現れないものだろうか。変則的な契約条件もあり、もし未契約に終わったら、市が代わって愛称命名権を行使。他施設と横並びのネーミングライツ事業として完遂するこができないものだろうか。市の施設愛称事業がスタートする今年、鈴木惣太郎は没後40年を迎える。
【写真】2018年に廃刊した「いせさき新聞」(写真右下が最終号)

希薄だった活字文化支える市民性と企業風土
伊勢崎の地域新聞発行事情(2022年5月25日)

 「いせさき新聞」は、群馬県伊勢崎市内と隣接する玉村町内の読売新聞に折り込まれた週刊フリーペーパー(無料紙)。ブランケット版(一般新聞サイズ)4頁の発行で、1997年10月3日に創刊した。2012年から隔週刊となり、2018年8月17日で廃刊。21年間の発行だった。

 創刊前、同様のフリーペーパーが群馬県桐生市の「日刊きりゅう」、太田市で「太田タイムス」などが発行されていた。それぞれ桐生出身者が経営し、「いせさき新聞」も同様だった。活字文化に親しみ、それを支えようという気概と風土が残る桐生市。夕刊購読紙「桐生タイムス」(フリーペーパーわたらせも発行)は1945年の創刊以来、市民に親しまれ、「日刊きりゅう」も発行を続けている。

 いせさき新聞を印刷していたのは、その「日刊きりゅう」の輪転機だった。先行地域での事業成功と空白に見えた市場。その輪転機の空き時間を使って新市場に挑んだ。新聞業界は長年の地盤沈下に加えてインターネットの影響も手伝い、縮小傾向にあった。体力のある企業は電子化移行へ試行錯誤を続けている。

 「いせさき新聞」の廃刊は、それ以前の紙面充実と営業努力が要因だが、桐生市民のような活字文化を支える下地の希薄さも手伝っている。広告効果はさておき、新聞を応援しようというスポンサー企業も多くなかった。編集に関わった身としては、そんな愚痴をこぼしてみたくなる。「伊勢崎ニュース」(創刊時「WEBプレスいせさき」)は、その廃刊した「いせさき新聞」の編集者とホームページ担当者で運営しています。