伊勢崎市の身近な話題中心に伝える「地域情報ニュースサイト」。他メディアとはひと味違った視点、当サイトだけのニッチな情報、埋もれた話題を取り上げていきます(※事件・事故は扱いません)。
会員増強は青年部に期待 行政とも連携強化
伊勢崎商工会議所会頭 小林正弘さん
 
 伊勢崎の地域経済を支えているのは、農商工業のバランスの取れた産業構造といわれている。その中でも製造業と建設業のウエートが高く「この2本柱がしっかりしていれば」と基幹産業の重要性を説く。コロナで疲弊した飲食店と関連大型施設に憂慮し、さまざまな業界にもふれた。空き家、農地と開発、駅周辺整備など、地域の経済状況についも、金融マンとして培った的確な見方を語る。「企業を育て、地域を伸ばす」商工会議所として、国や地方行政との連携強化の必要性も改めて訴えた。
 
 「会議所対象事業所が5345社に対して入会は2125社。加入率は39・8%」。決して満足はしていない、現状の数字がすんなり口をついて出る。「43人は寂しい」と女性部会は対象を広げて加入を促す。全体として会員増強は「『一人ぐらいは何とか』と思えるように会員の意識を高めたい」。期待をかけているのは会員数238人で、県内最大規模を誇る青年部だ。「紹介者は委員会でも一緒に活動し、面倒みながら新会員の居場所をつくって欲しい」と注文する。
 
 長年の懸案となっている、老朽化した未耐震の会議所会館建て替え事業。市が取り組む、伊勢崎織物協同組合の所有地を活用した「中心街にぎわい創出拠点の検討委員会」などの動向も視野に「会員、行政や関係者など周囲の声に耳を傾け、地域の活性化にも貢献する事業に」と慎重に語る。現地建て替え案も選択肢のひとつだが、いずれにしても現会館は解体する方向。解体費の確認は急ぎたいという。

 金融業界は取引のオンライン化、デジタルサービス移行が進んでいるが、あかぎ信組の大手行にない強みとして「地元から離れない」地域密着、対面営業を強調する。経営者の高齢化・後継者難の「事業継続」に、大手と提携してM&A(企業買収・合併)を模索、提案している。組合員組織の異業種交流会「あかぎクラブ」内の若手組織「健山会」(会員680人)は創設時から関わり、会議所青年部と同様に大きな期待をかけている。

 農家の長男で農業高校に進学したが、地域は区画整理事業などで農業政策の転換時期に重なった。健康管理も兼ねて休日は、560平方mの畑で時にはトラクターも駆り、数種類の野菜作りを楽しんでいる。中学・高校時代は野球部に所属。硬式から軟式に戻った社会人で肩を痛めてグランドから足が遠ざかった。中・高時代の投打の定位置の質問に「ピッチャーで4番」に続けて、さりげなく「キャプテン」を付け加えた。(廣瀬昭夫 2023年1月27日)
伊勢崎市無料空き家相談会(赤堀)
開催日時:2月3日(金)/10時〜12時 13時〜15時
会場:伊勢崎市赤堀支所本庁舎2階小会議室・中会議室
事前予約制(原則)/先着順10人程度
柚月裕子の本格的長編犯罪小説「教誨」9位初登場
伊勢崎市図書館予約ランキング(2023年1月15日調査)
「あずま」など周辺3支店を移転・統合 群銀の新伊勢崎支店16日開店
ロビー・応接・設備を拡充 内装イメージに銘仙(23年1月14日)
アジア社会の高齢化に伴い「退職」の意味は「さらに働くこと」に
地元プロが翻訳 ニューヨークタイムズ社説8(2023年1月7日付)
たこ焼き&クレープの「みつぼし屋」12日オープン
伊勢崎市内の12月飲食店営業許可一覧(2023年1月13日)
TV取材から約1年 人気グルメ番組で異例の2回放映「せっちゃんうどん」
店主とディレクター 今も続く「ばあちゃんと孫」の交流(2022年12月6日)
「伊勢崎まちなか文化祭」商店訪問を知る市長ブログ
行事後押し写真掲載も 市民活動きめ細かく支援(2022年11月21日)
プロ棋士舛田幸三がポナぺ島で衛生兵として担いだ薬箱
伊勢崎まちなか文化祭で企画展示 美原診療所(2022年10月28日)