解体工事が進む結婚式場。隣接して3方向で進む道路拡幅・新設工事

伊勢崎市の中心市街地の結婚式場で解体始まる
施設所有の山万が跡地にテナント誘致を交渉中(2024年1月16日)

 伊勢崎市の中心市街地の一角で、ヨーロッパの居城を思わせる白い尖塔が目を引く結婚式場の解体が始まった。「ティアラガーデンズ伊勢崎」(伊勢崎市大手町11−20)を所有している不動産開発の山万(東京都中央区)は、跡地活用としてテナント企業との交渉を進めている。伊勢崎駅周辺第一土地区画整理地区内の解体跡地は、東南2方向で道路拡幅、西側に道路が新設されるなど土地環境が一新される。

 「ティアラガーデンズ伊勢崎」の営業時は、プール付きガーデン併設の2つの邸宅でもてなす演出と、青いバージンロードやチャペル「メアリーズ大聖堂」が人気を集めていた。2018年から山万のグループ会社で施設管理や関連事業を手掛けるワイエム総合サービス(千葉県佐倉市)が運営していた。コロナ禍で業績が低迷し、回復が思わしくなかったことから昨年9月末で営業終了後、山万で跡地活用を模索していた。

 解体跡地は伊勢崎駅周辺第一土地区画整理地区内にあり、南側は都市計画道路の事業化で道路幅員は16m(車道10m、歩道3m×2)、東側の伊勢崎停車場線は12m(車道7m、歩道2・5m)にそれぞれ拡幅工事中。これら工事でアイオー信用金庫大手町支店前を東西に走る変則的な”カギザギ”交差点は、東西に真っ直ぐ抜けることになる。一方、西側は6m道路が新設されるなど、3方向を道路が囲み、商業地としての利用度が高まる。

 解体結婚式場の規模は2階建て延べ約2600平方mで、その跡地の敷地は約3800平方m。解体工事は3月末に終了する。同社では跡地活用として既に「テナント企業と交渉中」(山万ビル事業部)で、交渉がまとまり次第、テナント施設の建設準備に入る。山万は1971年から千葉県佐倉市のユーカリが丘駅北口で、鉄道事業を含めた250ヘクタールの複合開発などを手掛ける総合不動産開発企業。

 営業していた田原屋撤退後に更地となっていた2006年、分譲マンション建設計画が持ち上がっていた解体跡地。その後の2009年に結婚式場が開業している。当初は「クイーンヒルズ迎賓館フォレストキャッスル」の名称で営業していた。2016年から結婚式場の「風と緑のウエディング」(東京都八王子)が運営を担ったが、2018年会社更生手続きを申し立てられ、ワイエム総合サービスが運営を引き継いでいた。