【いの のりとし】1980年9月、伊勢崎市田中町生まれ、同市今井町在住。足利工業大学付属高校、日建工科専門学校建築科卒業後、父が経営する井野板金工業(伊勢崎市田中町)入社。2017年専務。伊勢崎青年会議所(JC)入会は2012年。昨年まで副理事長を2期務め、2020年1月に理事長就任。1月時点の会員数は68人でスタートし、現在は約80人。
コロナ渦でも「理想に近づくために もがいてみる」
伊勢崎青年会議所(JC)第57代理事長 井野伯俊さん
 20歳〜40歳までの青年経済人を中心に、会員は年間を通してさまざまな青少年育成や地域振興事業をボランティアで行っている。この社会活動がコロナ禍で一変。家族の生活、会員の企業活動にも大きな影響を及ぼした。「従来の活動は平常時のこと。今までのように活動を続けていいものか」。開催期限が迫る、ひとつひとつの事業に対して常に決断を迫られる葛藤の日々が続いた。

 やってもやらなくても賛否両論、クレームはついて回る。「止めるのは簡単。止めていいわけがない。社会を明るく豊かにしようという理想に近づくために、今少しもがいてみよう」と前を向いた。コロナ渦関連では4月、伊勢崎市社会福祉協議会に5000枚のマスクなど、6月には訪問看護団体に防護服600着を寄付。他の集会事業は随時、Zoom(テレビ会議)やユーチューブ配信などに切り替えて実施した。

 7月例会のZoomによる3理事長鼎談。金沢JC(鶴山雄一理事長 石川県)の企業タイアップによるマスクの共同購入、枕崎JC(神園知洋理事長 鹿児島県)の低迷飲食店の食材活用100円弁当で子供家庭支援に刺激を受けた。中止が決まった「いせさきまつり」に代えて9月22日、コロナ禍で疲弊した地域を元気づけ、その終息後の明るい未来を見据えた活力キャンペーンを実施。市内各所で動画を上映、配信する。シネコンのムービックス伊勢崎では10月22日まで、映画の幕間に15秒の動画を上映している。

 板金施工専門の会社で3兄弟が役割分担し経営にあたっている。副社長の兄は現場を統括し、自身は積算、弟は営業全般をこなす。2018年11月に結婚し、昨年6月に誕生した長女はかわいい盛りだが、生まれてほどなく、多忙な理事長就任の覚悟を決めて今に至る。「こうした状況でも引き受ける人間の存在を会員に知って欲しい」が密かな願いだったが、現実は今年に入ってコロナ渦も加わり、心は何度も折れた。

 伊勢崎JCの今年度スローガンは「百折不撓」。失敗を恐れずに何度でもチャレンジしようと、会員と自らを鼓舞する。失敗を回避し続けてきた人生だったが、JCでは多くの先輩から失敗に対する叱咤激励の洗礼を浴びた。「人前での話は今でも緊張」と照れるが、1月の新春祝賀会以降、恵まれた体躯にあった堂々の理事長挨拶は、歴代に引けをとらない。風呂、車中、カラオケボックスのマイクを前に、回数を重ねたリハーサルを最後に明かしてくれた。(廣瀬昭夫、2020年9月21日)