「候補地に制約。もう少し待って」新会議所会館移転建設
   伊勢崎商工会議所の新年互礼会で古賀会頭が見通し/19年1月19日
 【写真】上:伊勢崎商工会議所の新年互礼会で挨拶する古賀会頭。下:伊勢崎商工会議所会館。後方は改修中の伊勢崎市文化会館


 伊勢崎商工会議所の古賀友二会頭は1月15日開催の新年互礼会で、老朽化した会議所会館移転建て替え候補地の見通しについて語った。当初は昨年中にも公表予定だったが「候補地にさまざまな制約があることがわかり、もう少し待って欲しい。出来るだけ早く決めたい」と理解を求めた。

 伊勢崎市昭和町の現会議所会館(敷地1万5876平方メートル、鉄筋コンクリート造3階建て延べ1842平方メートル)は1970年の建設。老朽化で移転新築などを検討する特別委員会を設置し、建設候補地などを検討していた。

 移転案は09年頃、本町の西友伊勢崎店閉店が浮上したことから、同建物取得後の改装案などを検討した経緯がある。建物解体後の新築案も含めて、特別委員会でさまざまな角度から協議を重ねている。中心市街地の空洞化回避の意義もあり、一時は移転の方向に傾いたが、最終的には決断に至らなかった。

 古賀会頭は新年会の挨拶で、新会議所会館の他、日本商工会議所の全国展開プロジェクトに採択された外国人との多文化共生推進事業や進出企業との交流促進を掲げた。

「僕は絶対にあの人(指揮者)のようになる」小学1年生で宣言
   指揮者・ピアニスト・作曲家 東京芸大1年の須田陽さん/18年12月16日
 「お母さん、僕は絶対にあの人のようになるよ」。そう告げたのは、小学1年の誕生日祝いで、チェコプラハ管弦楽団を指揮した武藤英明氏を目の前にした時だ。ひょんなきっかけから数ヵ月後、当時チェコ在住の氏からエアメールをもらい、交流を始めている。

 幼児の頃からピアノに触れていたのは、教室を開いている母の影響。漫画や絵本がわりに手に取っていたのは、クラシックのCDだった。1歳の頃は、しゃべるより先に鍵盤に手を置いていた。周囲からは早期の専門的な教育を促されたという。

 「オーケストラが見違える自然な棒の振り方、グィッ〜と引っ張る力がとにかくすごい」。そう驚嘆したのは、広島交響楽団音楽総監督で、京都市立芸術大学音楽学部教授の下野竜也氏が、群馬交響楽団を客演指揮した小学3年生の時だ。当時は上野学園大学教授だった縁もあり、学園への中学・高校進学に繋がった。

 東京芸大の指揮科の学年定員は2人で、今年その難関を現役で突破。東京・上野通学は、中高を含めると通算7年に及ぶ。中高時代は早朝や授業終了後のレッスンと超過密日程をこなした。通学電車の車中、作曲では譜面を取り出し、頭の中で音を並べた。

 指揮、ピアノ、作曲の3刀流を難なくこなすが、作曲はどちらかといえば「趣味の延長」と顔をほころばせる。作品は既に100曲近い。詩人の中原中也や高村光太郎などの詩に曲をつけたり、赤城山をテーマにした楽曲もある。

 留学を視野に入れる中で熱望しているのがフランスだ。近代フランスの印象派と新古典主義に心惹かれるという。カワイ前橋ショップで11月3日開催のピアノコンサートプログラムは、ショパンやラヴェル、ドビュッシー、メシアンなど、フランスに関わる作曲家にこだわった。

 逸材として真価を問われる第一歩のステージが、12月25日の東京・杉並公会堂。現代音楽作曲家の権代敦彦氏作曲「Saewol-海から」の日本初演に指揮を執る。大学では学年有志でオーケストラ「ミレニアムシンフォニー」を組織。9月の芸祭に続いて来年2月22日、初の外部演奏会(有料)を開く。(廣瀬昭夫)

 関連記事 “世界的マエストロ誕生”を予感させる逸材(18年10月26日)

1月25日「東南アジア人財」テーマにセミナー(無料、参加自由)
   講師は日本語通訳、人材派遣のDS in Japan山本雄次社長

「ワンコインで地域のコミュニティの場に」軽食カフェ小笑
   食品営業許可店(伊勢崎市内)12月後期一覧/19年1月5日
【写真】12月27日オープンの小笑(ほほえみ)店内/定休第1・3月曜/営業午前8時〜午後3時/電話090-1702-0780/カレー(500円〜)を中心とした軽食カフェ

 伊勢崎市内でレストランや食堂、スナックなどの営業を始める場合、伊勢崎保健所の「飲食店営業許可」が必要です。許可取得後は、いつでも営業が可能。「飲食店開店速報」は、開店条件の営業許可データに基づき、新規飲食店をいち早く知ることができる情報コーナーです。
 情報は毎月6日前後(前月16日〜月末の営業許可店)と20日前後(当月1日〜15日の営業許可店)に更新しています。



 【食品営業許可認可後の新店舗オーナー様へ】

 外観・店内写真(いずれか1点)掲載をご希望の場合、認可・開店後10日以内にメールで写真データを送信いただければ無料で掲載いたします。その際は店名、開店日(予定日)、定休日、営業時間、電話番号(固定・携帯いずれも可)、簡単なPRなどを箇条書きで情報をお寄せ下さい。
 送信先アドレス info@press-isesaki.com 「WEBプレスいせさき」編集部宛へ。

伊勢崎市出身の落語家・春風亭勢朝さん来館
   伊勢崎図書館ランキング・新着本・イベント情報/19年1月7日
【写真】2年前の新春図書館寄席で落語を披露する伊勢崎市出身の落語家・春風亭勢朝さん(今年度は1月20日開催。詳細はこちら


伊勢崎市・赤堀・あずま・境の伊勢崎市内4図書館のイベント、各種ランキングや新着本を隔週で紹介しています。

★12月の図書貸し出し上位3冊 (全館共通)
〇一般
 1位(18回) マスカレード・ナイト(東野圭吾著)
 2位(14回) 四十歳、未婚出産(垣谷美雨著)
 2位(14回) すぐ死ぬんだから(内館牧子著)
〇児童
 1位(16回) 深海のサバイバル(ト(ゴムドリco.文、韓賢東絵)
 2位(15回) おしりたんてい(トロルさく、え)
 2位(15回) おしりたんてい あやうしたんていじむしょ(トロルさく、え)

★CD予約待ち上位3点 (全館共通 1/7調べ)
 1位(52人待ち) BOOTLEG(米津玄師)
 2位(40人待ち) 初恋(宇多田ヒカル)
 3位(22人待ち) 青春のエキサイトメント(あいみょん)

★お薦め新着本(ほか新着資料はこちら)
〇最高の入浴法(早坂信哉著)
入り方をちょっと変えるだけで、血流アップ&自律神経が整う!入浴の健康効果について解説し、疲労回復のための入浴法、医学的に正しい温泉の入り方などを紹介。
〇ちびまる子ちゃんの整理整とん(さくらももこキャラクター原作、沼田晶弘監修) 【子ども向け】
いらないものを手ばなす、ものの置き場所を決める…。整理整とんのコツやワザを、ちびまる子ちゃんのキャラクターたちと一緒に楽しく学びましょう。

★注目イベント
▼伊勢崎市図書館
〇新春図書館寄席 / 1月20日(日) 午後1時30分〜(開場は午後0時30分)
  伊勢崎市出身の落語家・春風亭勢朝さんによる落語を披露。
  座席数は120席(先着順)で、満席の際は立ち見となります。
  申し込み不要、会場は伊勢崎市図書館2階学習室。

▼あずま図書館
〇糸井千恵美 銅版画展 / 1月9日(水)〜2月10日(日)

※毎月開催の読み聞かせやその他イベントは図書館ホームページをご覧ください

「ワクワク自販機ミュージアム」2月1日リニューアルオープン
   世界最初「聖水自販機」レプリカもサンデンフォレスト・赤城事業所/18年12月26日