伊勢崎出身鋳金工芸家「森村酉三」没後70年企画展その2
高崎観音像の原型制作にライバルが(2019/10/12)
【写真】左:森村酉三制作の高崎白衣大観音像銀製模型(原型 1936年)。中央:高崎白衣大観音像。右:清水多嘉示制作の観音像原型(1933年)

 高崎の白衣大観音原型制作者として知られる、鋳金工芸家の森村酉三(伊勢崎市生まれ 1897〜1949)だが、この制作にあたりライバルがいたことを、群馬県立近代美術館の没後70年「森村酉三とその時代」企画展の関連事業シンポジウム「高崎白衣大観音の謎に迫る」(9月29日開催)で、パネラーで同美術館学芸員の神尾玲子さんが明かした。これまでは群馬県内の研究者や評伝、解説で、白衣大観音を建立した井上工業創業者の井上保三郎が、地元の新進気鋭の彫塑家だった森村に依頼した、とだけ語られていた。

 1936年に建立された高崎観音は、鉄筋コンクリート製で高さ41・8メートル、重さは5,985トン。神尾さんはその2年前の上毛新聞記事(1934年5月29日掲載)などから、原型制作を森村が担当したことを紹介。一方で、長野県出身の彫刻家・清水多嘉示(1897〜1981)も原型制作に関わったことを、清水自作の観音と共に写った遺族の写真や雑誌「総合美術(1933年版)」を紹介しながら、制作が森村よりも先行していたことを明かした。

 清水は1923年から5年間、パリに留学。アカデミーでプールデルから彫刻の指導を受けていた。清水と同年齢で、井上安三郎の長男、房一郎がほぼ同時期に絵画を学ぶために渡仏。交流を深めていたことが、父の観音像建立の原型依頼への接点だったのでは、と神尾さんは推し量った。最終的に森村に決まった経緯は定かではないが、保三郎が房一郎の送ってくる、パリの公園に立つ国家功労者の銅像の絵葉書に感化され、観音像建立を思い立ったことにもふれ、父子2代にわたる様々な想いが込められた物語の存在を指摘した。

 シンポジウムでは井上保三郎・房一郎研究者で元井上工業職員の塚越透さんが、公共建設にも芸術性を求めた保三郎が、沼田中学校(現沼田高校)建設に当たり、森村に五条の鐘(1928年)の制作を依頼した経緯を紹介。元小学校長で、群馬歴史散歩の会編集委員の田口さんは、保三郎の天皇陛下単独拝謁が建立への思いを強くしたことを強調した。

 前橋学センター長の手島仁さんが、高崎観音山公園と観音像建立までの経緯などをシンポジウム冒頭で概略説明。質疑応答後に、森村の妻・寿々さんが2001年に亡くなる2年前に聞いたという「一生の仕事が出来て良かった。高崎観音像の仕事に関わることが出来たのは誇りである」とした、森村の観音像への特別な思いを紹介。以後、同様の仕事は一切、請けなかったというエピソードで、シンポジウムを締めくくった。

 企画展は群馬県立美術館で11月10日まで開催。問い合わせは同館(TEL:027-346-5560)へ。月曜休館(祝日は開館)で、観覧料は一般820円。

 伊勢崎出身鋳金工芸家「森村酉三」没後70年企画展その1

もんじゃでギネス世界一、全国大会誘致に果敢に挑戦
    伊勢崎商工会議所青年部会長 菊池潤一さん(2019/09/26)
 伊勢崎商工会議所青年部の3大事業「いせさきまつり」、「ミスひまわりコンテスト」、秋の「もんじゃ祭り」が年々進化している。9月7日開催のコンテストは、応募者を1次審査で10人まで絞込み、2次審査でミスひまわり3人を選出した。昨年までは1分間の自己アピールだけで選んでいたが、2次審査の10人には、5分の時間を確保。応募者それぞれの魅力を引き出そうと工夫している。

 伊勢崎オートレース場で10月6日開催の「いせさきもんじゃチャレンジフェスティバル2019」。今年は280人分のもんじゃ焼き鉄板を並べて、一カ所で同時調理の「体験参加」によりギネス世界記録に挑戦する。青年部で「いせさきもんじゃ」を商品化し、「もじゃろー」のイメージキャラクター制作など、全国に情報を発信し続けて17年。今年は世界へとステージが広がる。

 一連の事業実施のなかで「会社だけでは得るこのできない学びや経験、志をともにする多くの仲間との出会い」を活動の拠り所として青年部活動をアピール。課題や問題も抱えながらも、未来に向けて同時並行で、新しいことに果敢に挑む必要性を訴える。「ギネス挑戦を成功裏に導き、次年度へと良い形でつなげたい」と、開催を間近に控えた心境を語る。

 全国各地の青年部で組織するのが日本商工会議所青年部(本部・東京都千代田区)。加盟単会は418、会員数は3万4000人に及ぶ。全国から約5000人の会員が集う全国大会が2025年度、群馬で開催される。伊勢崎は昨年度、この開催地に立候補した。同時に手を挙げたのが太田。「今年度は誘致のために非常に重要な1年。開催がもたらす地域への経済効果、自己と仲間の成長を信じ、全力で取り組みたい」と、こちらにも意欲をみせる。

 「青年部」「各人の事業」に加えて「家族」と「生命」の承継を包含した「未来への承継」を今年度のスローガンに掲げた。関わる葬祭業は、まさにその家族と生命の承継の最前線。目の当たりにする日々の中で、「それが希薄になりつつある」と嘆く。業界の変化には自社の会員制度を見直したほか、休日確保など職場環境を整え、社員の定着率を高めた。業界では異例の新卒採用も始めている。

 高校野球の名門、前橋工業に入学したものの、100人の大所帯でレギュラーを諦め、個人競技の自転車部に転部。3年でインターハイ2位の実績から、スポーツ推薦で大学入学。プロを目指して全寮制の自転車部でハードな練習をこなし、4年の時、日本代表として海外遠征にも参加した。辛抱強さはこの時に鍛えられ「今の自分がある」と振り返る。

 数年前まで矢沢永吉の12月の武道館ライブに、妻とよく足を運んだ。とりたててファンではないが、妻が喜ぶ時間を共有することで、自身の喜びに繋げている。「妻の手料理も大好き」で、2人で晩酌もしばしば。社内恋愛だから職場環境にも理解があり、妻と一緒が至福の時間になっている。(廣瀬昭夫)

10月20日「SDGsをみんなで学ぼう」体験イベント
   主催は剥離廃液を適正に処理す売る会/会場はグンビル駐車場

ハワイをコンセプトにしたタピオカカフェ
   「CAFÉ LOKAHI」が「いっちょう下植木店」近くに開店
【写真】10月1日開店の「CAFÉ LOKAHI」/伊勢崎市下植木町772-37/休日不定期/営業11:00〜21:00(土日祝は10:00から)なお営業日・営業時間は随時変更予定


 伊勢崎保健福祉事務所管内の「飲食店営業許可情報」を毎月2回(前・後期)発信しています。コンビ二や仮設・移動店舗は除外していますが、既存店でも経営者変更の場合は掲載しています。

 写真の店舗紹介は、編集部が任意で取材、掲載しています。お問い合わせやご意見は
Email:info@press-isesaki.com「WEBプレスいせさき編集部」へお寄せ下さい。

伊勢崎市内でもロケ撮影の映画「影踏み」11月公開
   元上毛新聞記者で著者の横山秀夫さん特設コーナー開設
【写真】伊勢崎市内でロケ撮影の風景や施設も見どころの映画「影踏み」が11月から公開。元上毛新聞記者で著者の横山秀夫さんの特設コーナーを開設

▼図書予約ランキング上位10点 (10月17日現在 かっこ内は前月比)
「希望の糸」東野圭吾著/80人(-3人)
「そして、バトンは渡された」瀬尾まいこ著/76人(-13人)
「落日」湊かなえ/48人(−人)
「ノースライト」横山秀夫著/44(-3人)
「一切なりゆき」樹木希林著/37人(-7人)
「むらさきのスカートの女」今村夏子著/30人(-4人)
「さよならの儀式」宮部みゆき/29人(-1人)
「妻のトリセツ」黒川伊保子著/25人(-2人)
「樹木希林120の遺言」樹木希林著/24人(-6人)
「いけない」道尾秀介/23人(−人)

▼CD予約ランキング上位3点 (かっこ内は前月比)
「MAGIC」back number/35人(-10人)
「5×20 All the BEST!! 1999-2019」ARASHI 嵐/33人(-4)
「瞬間的シックスセンス」あいみょん/28人(-4人)

▼DVD予約ランキング上位3点 (かっこ内は前月比)
「ボヘミアン・ラプソディ」ブライアン・シンガー監督/45人(-1人)
「リメンバー・ミー」リー・アンクリッチ監督/26人(-4人)
「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」デイビッド・イェーツ監督/20人(-1人)

★ライブラリーは、伊勢崎市・赤堀・あずま・境の伊勢崎市内4図書館共通の各種ランキング、注目イベントを紹介しています。毎月開催の「読み聞かせ」やその他のイベントは図書館ホームページをご覧ください。