東日本大震災被災者に「心の復興」を
76歳の大学院生 太田初子さん

 「被災した高齢者の心の復興と生きがい・地域コミュニティーに関する研究」−東日本大震災の教訓として気仙沼市を中心に−。東日本大震災の被災者でもある、伊勢崎市境上渕名在住の太田初子(76歳)さんが、東京福祉大学大学院生として取り組んでいる修士論文のテーマだ。東京・池袋への早朝から深夜の通学で体調を崩し一年間休学していた。履修科目は終えて4月から論文主査の研究室がある伊勢崎キャンパスで指導を仰ぐ。

 気仙沼市内の中学卒業を控えたある日、小銭を並べた前で「ごめんね」と涙を浮かべた母の姿が忘れられない。卒業後は群馬県大泉町の東京三洋電機(現パナソニック)に就職。20歳で結婚退職し、伊勢崎市内で夫と義母らと個人商店を切り盛りした。1990年に交通事故で長女を亡くし、翌年自らも事故に遭う。手足のしびれや視力低下などの後遺症で、今も歩行器は手放せない。2007年には夫をガンで失った。その後、ひとり暮らしの父の介護で気仙沼へ行き、その最後も看取る。

 2011年3月11日。その不自由な身体で一人、マイカーに車椅子を乗せ、避難所に向かう最中に津波に飲み込まれた。この時、「これからでも学びたい」という思いをかなえ、気仙沼高校の定時制に通っていた。支えになったのは「賢い人は挫けない」と言った母の教え。「このままでは死にきれない」の思いで耐え、重油の海を漂って1時間半、投げ込まれた1本のロープにすがりついた。

 過酷な避難所生活、仮設住宅暮らしを経て翌年、長男も住む伊勢崎に戻った。決意新たに大学入学を果たすと、孫と同年代の学生らと被災地支援のボランティアサークルを立ち上げた。年に2〜3回気仙沼に通い、目の当たりにしたのは不自由な生活を送る被災者の苦難。何よりも必要なのは「心の復興」で、とりわけ障害者や高齢者をサポートする地域の仕組みの必要性を痛感した。修士論文のテーマが絞り込まれていった。

 自宅に長男が連れてくる2歳のひ孫。「男の子だけど肌が白くて、女の子のようにかわいいの」と目を細める。夫の死後は気仙沼暮らしで、伊勢崎に戻ってからは、仏壇とベッドの生活空間は店舗の一角で足りている。商売の傍ら筆を執り、第一美術協会員だった夫のアトリエに残る人物画や仏画。「キャンバスは100号規模が多い」こともあり、自宅の本格的な片付けはこれから。常に前を向く言葉に交じって「これからは終活も」が口からこぼれた。(写真はパワーポイントで作成した修士論文の構想書を手にする太田さん 2021年3月8日)。

「この街ピープル」(いせさき新聞2004年〜2018年)の過去記事。
2004年〜11年 2012年〜13年 2014年〜17年 2018年1月〜8月
バナナジュース専門店「めっちゃバナナ伊勢崎店」
伊勢崎市内の2月食品営業許可施設
伊勢崎市の剛志天神山古墳鶏形埴輪(国重文)も展示
新・すばらしき群馬の埴輪―群馬県立歴史博物館
東京国立博物館から8点が里帰り
開催日時:2月27日(土)〜5月9日(日)
第164回芥川・直木賞受賞作が上位にランクイン!
伊勢崎市4図書館2月の予約待ち各種ランキング
予約待ちの人気 伊勢崎銘仙プランナー金井さん手作り
色鮮やかで表情豊かなオンリーワン「銘仙テディベア」
3人が論戦 密回避のまばらな会場も時に熱気が
伊勢崎青年会議所主催の「市長選公開討論会」
SDGsを支援し「環境の街 日本一を目指す」臂候補
2021年伊勢崎市長選 3立候補者に聞く【3】

「大量国債発行でも日本は財政破綻しない」
経済団体講演で国の大借金懸念を払拭 井野衆院議員