真の民意どこに?伊勢崎市議会の女性市議はその時どう動いたか
   「第3子以降の出産祝金廃止条例案」否決までの急転の舞台裏/その一(2019/06/25)
【写真】3月19日開催の伊勢崎市議会定例会本会議。田村幸一市議の「第3子以降の出産祝金廃止条例案」に対する修正動議

 伊勢崎市議会定例会の3月本会議の新年度予算案で、議決前夜まで賛成多数で可決が見込まれていた「第3子以降出産祝金廃止条例案」。一人会派を中心とする市議5人が、周知期間不足と経過措置を求める修正動議提出のなか、民意を受けたとして定数の過半数を占める最大会派、伊勢崎クラブ(原田和行会長)が、一夜にして否決に転じて継続が決まった。

 伊勢崎市は6月18日の市議会本会議で出産祝金継続は20年までの2ヵ年、以降は子育て支援策の総合的検討で、支給額を含め判断する、と改めてその方向性を打ち出した。否決は問題の単なる先送りだったのか。真の民意はどこにあったのか。急転の舞台裏で、覚醒したかのような議会制民主主義のダイナミズムと危うさを垣間見せた伊勢崎市議会。地殻変動に大きく関わった堀地和子・小暮笑鯉子市議に聞いた(次号、次々号にインタビュー記事掲載)。

 年200人〜300人が受給しているという伊勢崎市の出産祝金は、第3子以降の出産に対し、新生児一人に10万円を支給している。伊勢崎市が新たな学校給食費一部補助の予算化やその他の子育て支援を総合的に勘案し、3月末での祝金廃止を決めた。この条例案を上程したのが2月19日の本会議。一人会派(当時)の堀地市議が、周知期間のあまりの短さと、これを補う経過措置を求めて、賛同が見込まれる市議らに修正動議提出を呼びかけた。

   前代未聞の「委員会で可決、本会議で否決」

 本会議の円滑な審議に向けて事前の予備調査的審議を担う、所管の文教福祉委員会開催は3月7日。廃止案の経過措置など修正を考えていた伊勢崎クラブ所属の小暮市議だったが、皮肉にも同委員長を務めていた。会派の意向を受けた委員会運営の中で可決を余儀なくされたため、委員長を辞任。会派も離脱後の3月14日、田村・堀地・森田修・高橋宜隆市議らの修正動議提出の署名に名を連ねた。

 3月19日の伊勢崎市議会定例会本会議の出産祝金廃止条例案審議。修正動議否決後の廃止案採決で、議場には拍子抜けしたようなわずかなどよめきが広がった。廃止案の採決に賛成起立したのが、一人会派のわずか2人だったからだ。伊勢崎クラブが前夜、幹部などへの電話による根回しと本会議当日の早朝の集まりで、会派の否決を慌しく確認した。委員会審議の可決原案が、本会議で否決されるというのは前代未聞の事態だった。

   「伊勢崎クラブはイエスマンではない」

 原田会長は「批判の声が高まってきたことを受け止めた。急だったこと、会派の中には様々な意見もあり議論したが、最終的には私の考えに同調してもらった。会派が(執行の)イエスマンといわれることもあるが『ダメなものはダメ』という姿勢は評価を受けたはず」と胸を張る。小暮市義の会派離脱、修正動議参加の影響については答えなかった。

 周知期間不足と経過措置の必要性から、修正動議署名に加わらなかったものの、修正動議には参加した一人会派の伊藤純子市議は「出産祝金はその子供たちの将来につけをまわすようなもの。本来なら廃止すべき」と持論を力説する。伊勢崎クラブ所属の栗原麻耶市議は、自身が4人目を4月下旬に出産した当事者。議案を目にした時のショックは大きかったが「公平に多くの市民が安心できる子育て環境の充実を」と会派の意向に沿い、採決当日朝までは廃案の賛成討論まで予定していた。共産党の長谷田公子市議は「子育て支援の後退、施策決定過程が不明瞭」などとする討論で、党として明確に反対した。田部井美晴市議が所属する公明党は、採決時に反対が明らかになった。

 伊勢崎市議会定例会の6月18日開催本会議の高橋市議の質問で、出産祝金廃止条例案の今後の方針に加えて、条例案に対する市民の意見内容も明らかになった。否決前の意見は「継続か否かの問い合わせ」と「継続要望」が各3件、「不妊治療補助振り替え」1件の計7件だった。このうち2人が市民への周知期間が短いことも指摘していた。否決後は「継続か否かの問い合わせ」2件に留まった。

 ※次回、次々回に堀地和子・小暮笑鯉子市議のインタビュー記事掲載予定

高齢化社会を見据え、異色の認知症体感プロジェクトを開催
    伊勢崎青年会議所(JC)第56代理事長 栗原弘充さん(2019/04/20)
 あんみつを頼んだのにわらび餅が運ばれてくるような「注文を間違える茶屋」が1日限定の4月13日、境地域福祉センター(伊勢崎市境上武士)にオープンした。来店者は開店前に、装着したゴーグルのバーチャルリアリティ(VR)技術で、認知症の幻視症状などを体験する。2025年には5人に1人が発症すると言われる認知症。伊勢崎JCが企画した、その体感プロジェクト「みらい創造セミナー」だ。

 定員50人は満席。「間違えたことを責めずに受け入れる」「声を掛ける言葉が違ってきた」など、参加者の気づきには熱がこもる。前年度に理事長の打診を受ける中で自ら企画。準備には伊勢崎佐波医師会や医療法人関係者と担当メンバーらが事前相談。高齢化社会を見据えた若者(JC在籍は20〜40歳)の企画に、相談先では「意外」だけれど「面白い」と、多くの協力と賛同にも確かな手ごたえを感じた。

 人口減少・高齢化社会を悲観的にみることなく、生産年齢人口層と高齢者層が協働する社会への進化の過程と捉える。日本人が古来持っている「助け合い」「和の精神」を強調。それを発揮できる人材の育成を自らと組織に求める。学びと積極的な行動で健全な新陳代謝を図る。同時に組織の拡大には卒業OBの輩出も「数の力」として、JC活動が目的とする持続的な「明るい豊かな社会の実現」を目指す。

 兄が社長で、専務として営業全般を担当している社業は青果卸。関連会社で農業生産法人も持っている。食の好みや多様化する業態の変化への対応が課題で、カット野菜などの加工やパッケージ化もその一環。地域活性化も視野に、今まではなかった食品素材として、県内産やまと芋100パーセントの粉を商品化している。

 県内私立高校を1年の1学期で中退し、全国から生徒が集まる、自由で特色ある校風の星槎国際高校に編入学した。自分の居場所を求めて親を説得。あえて困難な道を選び、都内のキャンパスにアパートから通学した。この3年間と卒業後も都内に留まり2年半勤めた、カラオケ店の接客や裏方アルバイトが、人間修行の場だったと振り返る。

 家族は妻と長男(9歳)、二男(6歳)の4人家族。子供たちに今から言い聞かせているのが「大事なことは自分で決めろ」。休みがあれば足を運びたいのが、日本のロックバンド「ネバーヤングビーチ」と「ヨギー・ニュー・ウェーブス」のコンサート。Jリーグ開幕以来の「浦和レッズ」のファンで、年に5回はスタジアムで応援している。理事長としての多忙な活動もあり「 今シーズンは一度も行けそうにない」と諦めている。(廣瀬昭夫)

8月12日開催 「児島響ピアノ・リサイタル」Vol.2
   伊勢崎市境総合文化センター ワンコインコンサート

10年ぶりの移転、再オープン「ラーメンハウス菜館」
   評判だった醤油味の広東麺も復活開店速報(2019/06/20)
【写真】7月1日開店の「ラーメンハウス菜館」(玉村町上之手1664、電話0270−64−5226)/月木定休/11時〜14時、17時〜21時営業で、スープ終わり次第閉店/10年ぶりの移転再オープンで、評判だった中華丼の具を載せた醤油味の広東麺も復活



※写真の店舗紹介は、編集部が許可店の中から任意で取材、掲載しています。事前に当該の外観店舗写真をお送りいただければ掲載(無料)いたします。その際は店名、住所、開店日(予定日)、営業時間、定休日、電話(固定、携帯いずれも可)、何料理のお店か、お薦めメニューなど簡単なPRを添えて下さい。自薦・他薦はかまいません。

送信アドレス info@press-isesaki.com 「WEBプレスいせさき」編集部宛。

図書予約待ち上位5点変わらず「そしてバトンは渡された」が独走
   伊勢崎市図書館の図書・CD・DVD予約ランキング(2019/06/15)
【写真】「小さな語り部講座の会」9月5日〜11月7日までの全3回受講生募集(参加費無料で、定員10人先着順)。申し込みは8月17日から伊勢崎市図書館へ電話か直接来館へ。

▼図書予約ランキング上位5点 (かっこ内は前回比)
「そして、バトンは渡された」瀬尾まいこ/93人(+18人)
「ノースライト」横山秀夫著/66人(+1人)
「一切なりゆき」樹木希林著/54人(-6人)
「沈黙のパレード」東野圭吾著/44人(-12人)
「樹木希林120の遺言」樹木希林著/44人(-1人)

▼CD予約ランキング上位3点 (かっこ内は前回比)
「MAGIC」back number(47人)
「POP VIRUS」星野源/38人(-)
「青春のエキサイトメント」あいみょん/37人(-)

▼DVD予約ランキング上位3点 (かっこ内は前回比)
「リメンバー・ミー」リー・アンクリッチ監督/35人(+4人)
「未来のミライ」細田守/監督・脚本・原作/26人(-)
「ジュラシックワールド 炎の王国」J・A・バヨン監督/20人(-)

▼5月の月間図書貸出ランキング上位5点 (かっこ内は前月比)
一般(児童向けを除く)
「九十歳。何がめでたい」佐藤愛子著/19回(-)」
「呪護」今野敏著/14回(-)
「かわたれどき」畠中恵著/13回(-)
「機捜235」今野敏著/13回(-)
「ひとつむぎの手」知念実希人著/13回(-)

※ライブラリーコーナーは、全館共通各種ランキングや、イベント情報など旬の話題を紹介しています。
毎月開催の読み聞かせやその他イベントは図書館ホームページをご覧ください。

サンデン女子バレーボール部が第11回赤城カップ準優勝(2019/05/08)