【写真】伊勢崎銘仙の生地で制作したテディベア

予約待ちの人気 伊勢崎銘仙プランナー金井さん手作り
色鮮やかで表情豊かなオンリーワン「銘仙テディベア」

 伊勢崎銘仙プランナーの金井珠代さん(伊勢崎市波志江町)が手作りしている、クマのぬいぐるみ「銘仙テディベア」。ビンテージ着物の生地を使った色鮮やかで独特のデザイン柄の愛らしい表情が、口コミで広がり人気を集めている。市内2カ所で販売しているが、他の依頼などは予約待ち状態。伊勢崎銘仙の紹介、活動を記録している自身のホームページで、希望者の問い合わせは受け付けている。

 「銘仙テディベア」は、座った状態の高さが20センチ前後で、重さは140グラム台から160グラム台。生地は金井さんのコレクションの中から選び、手のひらと足裏は別柄を使用している。首飾りは「Isesaki Meisen」と刻んだ革製のオリジナルチャーム。アクセントとして左手に抱えた銘仙ブーケは、ピンを外せばブローチとして使える。中綿は抗菌ポリエステル綿を使用し、手足と首にはハードジョイントが入り、動かすことができる。

 「銘仙グッズ」としてこれまで、ポストカード、コサージュ、コースター、マグネットなどを商品化してきた。コロナ禍、巣ごもりなどで「今求められている癒しに」と思い立ったのが「銘仙テディベア」。昨年7月から準備にかかり、「テディベアの日」の10月27日から、伊勢崎神社(本町)と美容室Cuet(太田町)で販売している。

 生産は型紙作成から裁断、ミシン縫い(細部は手縫い)まで全て、友人と2人で手作りし、一体の制作にほぼ一日かかる。販売所で品切れしないようにと、これまでに80体ほど制作。関係者からの依頼やリピーターも増えているため、新たな注文依頼に対応できない状態だ。「銘仙への思いを込めた一体一体の手作り品」(金井さん)として量産化は考えておらず、インターネット販売は行わない。価格は一体6000円。(2021年2月3日)

「1面ニュース記事」(いせさき新聞2004年〜2018年)の過去記事。
2004年〜11年 2012年〜13年 2014年〜17年 2018年1月〜8月