(カトリック前橋教会で合奏するオカリナ四重奏団アンサンブル・オウル。右から栗原代表、斉藤さん、多留見さん、井上さん)

    前橋カトリック教会に響き渡る崇高な音色
       オカリナ四重奏団アンサンブル・オウル10周年記念コンサート/18年12月4日


 伊勢崎市民を中心に結成されたオカリナ四重奏団アンサンブル・オウルが、結成10周年を記念して、「土の調べによる〜祈り」のテーマで自主コンサートを企画した。開催は前橋(12月1日)、伊勢崎(12月15日)の2地区。

 団員は設立の中心となった代表の栗原昭矩さん(伊勢崎市)、斎藤昭さん(同)、井上綾子さん(同)、多留見礼子さん(富岡市)の4人。埼玉芸術劇場で毎年開催の「ジャパン・オカリナ・フェスティバル」へは2010年から出演し、2013年にはトリを飾った。

 色とりどりのステンドグラスを通して差し込む午後の陽光で、荘厳な空気に包まれた聖堂内。12月1日に開かれたカトリック前橋教会(前橋市大手町)の演奏会は、崇高で哀調を帯びたオカリナ4重奏の音色が、聖堂いっぱいに響き渡った。

 団員がより思いを込めて演奏したのは、当初より取り組んできたルネサンス時代の教会音楽。ミサ曲では、ウィリアム・バードの「3声のミサより」を演奏。栗原代表が「教会のアリア」などを独奏した。

 アンサンブル・オウルが演奏で目指したのは純正律による和音つくり。音程を均等な周波数比で均等に分けた平均律によらない、和音ひとつひとつの微妙なハーモニーを表現した。

 ミサ曲やレオナルド・デ・コールの「3つのギターのためのトリオより」は、栗原代表が師事したオカリナ奏者の第一人者、故・火山久さんが編曲。火山さんのオリジナル曲「飛駒の夕べの祈り」なども披露した。

 火山さんがオカリナ奏者で知られる宗次郎さんなどの弟子を率いて、群馬県内で初演したのが40年前の1978年。栗原代表が火山さんを知り、楽器を手にするきっかけになった演奏会は、その10年後だった。

 アンサンブル・オウルの結成は、さらに20年の時を経た10年前。記念コンサート会場に選んだのが、火山さんが2度とも演奏会場とした、カトリック前橋教会だった。


 12月15日開催会場は、東武線境町駅前の「境赤レンガ倉庫」。
 オカリナ四重奏団 アンサンブル・オウル代表 栗原昭矩さん(18年11月27日)